アキュエラ・ブルー開発において生まれた

水素の存在を目視にて確認できる試薬

アキュエラブルーの性能を客観的に証明するものとして、お客様自身が簡単に、しかも正確な水素濃度を判定することができる、溶存水素判定試薬液があります。

 

アキュエラブルーを開発し、機能水に関わる特許を130件以上取得しているMiZ(ミズ)株式会社の特許製品です。

高額な水素水濃度測定器(DHメーター)と同等かそれ以上に正確な測定が可能になりました。
この試薬をアキュエラブルー本体に付属させているため、誰もが水素濃度をご納得頂いた上でお飲み頂けます。これほど安心度、納得度の高い製品は他に類をみません。

 

もちろん他の水素水でもお試し頂けます。 



 水素判定試薬の主原料は、水素と結合すると無色透明になる(これを還元という)メチレンブルー(青色の酸化物質)です。この基本反応を応用し、メチレンブルーを何滴透明にすることができるかにより水素濃度を判定できます。メチレンブルーは無色透明になった後(還元)、空気中の酸素により酸化され、再び青色に戻ります(酸化)。


水素判定試薬液 特許:第4511361号 

定価 1,500円 (税抜)


使ってみました?判定試薬液の使い方

①アキュエラ・ブルーを洗浄して・濯いた後、飽和水素水を生成します。

   ②コップ半分ほど捨て水を行い、付属のカップに6ml(目印迄)採水します。

  (水が通るところについている水素のない水滴と混ざるのを防ぐ為に必ず、捨て水しながら採水します)
③判定試薬液を連続して滴下します。時間を空けず、タッタッタッと素早く0秒間隔で滴下すると13 ~14滴位迄連続して消えます。
④消えにくくなったら楊枝で素早く撹拌して再滴下すると16滴迄必ず消えます。7 , 8滴しか消えないのは、①②③通りしないからです(捨て水と滴下間隔0秒がポイント)

注)

水の中に酸素が溶けています。試薬を入れると酸素と水素が反応して、酸素の量だけ水素が相殺されます。試薬1滴は溶存酸素量約3ppmに相当します。